【公式LINEアカウント】リッチメニューの設置の仕方/簡単な制作方法

公式LINEアカウント
aki
aki

公式LINEアカウントのWEBサポートのお仕事が増えてます~!
ここでは、公式LINEで「使える」技をいろいろとお伝えしています♡

今日は、「いつでもメニュー表示できる」リッチメニュー!

設置の仕方と、簡単な作り方も解説したいと思います!!

リッチメニューとは??

公式LINEでよく見かけるリッチメニュー。
リッチメニューというのは、こういうのです♡

この、下に表示されているやつですね♡

これがあると、
お客様が公式LINEを開いた時、
こちら側が意図して飛んでほしいページに
飛んでもらえるんですよね♡

クライアント様のリッチメニュー

例えばコレだと↓

いろんな形があります。

公式LINEに登録してくれた方へのプレゼントへのリンク や
見てほしいブログ・ホームページ・ショップなどへのリンクを掲載することができます。

ここにメニューを表示しておくことで、
LINE配信のたびに思い出してもらって
クリックしてもらえたりします♡


置いておくに越したことはないですね♡
では早速設置していきましょう♡

具体的なやり方

解説(パソコン編)

ここでは、「パソコンからリッチメニューを作って設置する方法」を解説します。

※公式LINEアカウントの開設やログイン方法については省きます。
以下から登録して使ってください♡

LINE Business ID

さて、ではここからやり方解説です。

1.公式LINEアカウントにログイン後、まずは以下の赤枠から「トークルーム管理」→「リッチメニュー」を選択します。

2.画面右上の「作成」ボタンを押します。
画面下部には、今まで作成したリッチメニューの一覧が表示されます。

3.リッチメニューを作る画面に行きます。
ここで表示設定します。
タイトル:リッチメニューのタイトルを決めます。なんでもOKです。
表示期間:リッチメニューの表示期間を設定します。
何かしら入力しないといけないので、しばらく設置したい場合は数年後ぐらいの設定にします。

4.コンテンツ設定をします。
「テンプレートを選択」を選択します。

5.このようなポップアップが出てきます。
どの形でリッチメニューを表示したいかを決め、選択します。

個人的には、「大」のテンプレートだと、LINEメッセージを見る邪魔になるので
「小」を選びます。

6.選んだテンプレートのデザインが表示されます。
次に、表示する画像を制作していきます。
「画像を作成」を選択します。
※私はリッチメニューをCanvaを使用して制作しますが、
今回は、デザインができない方でも公式LINE上でつくれる「画像作成」方法をお伝えしていきます。

7.「画像を作成」を押すと、このようなパレットが出てきます。
カンタンに説明します。
①文字入力ができます
②画像をアップロードできます
③カラーパレットで、色を指定できます
④枠を付けられます

ちょっと使ってみましょう。

8.まずはのカラーパレットを使ってみます。
図のように、背景色を自由に設定できます。

9.次に、の文字投稿を使ってみます。
図のように、文字が投稿できます。
※フォントの指定などは現状できないようです…
が、フォントカラーなどは変えられますね

10.次にの外枠を使ってみます。
図のように、それぞれのメニューに簡単に枠がつけられます。
図は、四方を取り囲む外枠を使ってみました。

11.最後に、の画像アップロードを使ってみます。
以下の事例では、すでにスクエアサイズで加工した画像をアップしましたが、
撮影した写真などをそのままアップして、
文字入れしてもいいですよね♡

12.すべての画像を作り終えたら、「適用」を選択します。

13.次に、画像をアップロードした状態で、「アクション」を決めていきます。
タイプ:リンク・クーポン・テキスト・ショップカード・設定しない から選べます。
基本はここで「リンク」を選び、飛ばしたいページにリンクしていきます。

14.これを、すべてのアクションの数の分、設定していきます。
アクションラベルは入力必須なので、簡単に何のページに飛ぶのか入力してください。
全て設定し終わったら、「保存」を選択します。

これで、実際リッチメニューが設置されているか、自分で自分の公式LINEに登録して確認してみましょう♡

いかがでしたでしょうか?
リッチメニューはCanvaで制作がおすすめですが、
このように、とりあえず自分でこの画面で作ることもできます♡

公式LINEアカウントをやっている方は、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

Canvaで自分で作りたい方は、こちらの動画講座おすすめです↓

リッチメニューの制作代行もしています↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました