通信講座で食べていく!ハンドメイドのための通信講座の作り方(2)

通信講座の作り方

こんにちは。石黒です。
今日は、前回の続きをやっていきます。

前回はこちら↓

規約を作る

テキストを作ったら、次は「規約」づくりです。
自分の作品を守るためにも、規約を作りましょう。

参考までに、私のレザクラージュ®講座の規約をお見せします。

レザクラージュ規約

規約は、企業の通信講座受講規約を参考にしたり、
同業者の受講規約を参考にしたりしています。

がちがちにしすぎるのも、受講生様が苦しいでしょうし、
緩すぎても、規約をすり抜けて非常識なことをされる方も出てきてしまうので、いい塩梅で決めていきましょうね♡

また、「一度つくった規約は途中で変えにくい・・・・」と思っている方もいるかもしれませんが、規約は変えていって大丈夫です。

受講生様には、初回受講時に書類でお送りしていますが、
先のリンクのように、Web上にも規約があれば、変更してもすぐ反映できます。
大きく変更したときは、メールなどですでに受講いただいている生徒様に通知する必要があります。

(このためにも、顧客管理はしっかりしていきたいですね。
この辺もまた別途・・・・)

売り方・申し込み方法を決める

通信講座の材料が整ったら、売り方を決めます。
おけいこサロン系だと、今はこの辺かなと思います。

ネットショップで売る

まずはネットショップで売るという方法。
ネットショップとしては、
BASE、カラーミー、stores、、、、があります。

BASEの作り方については、こちらで説明してます↓

この方法は、しっかりとショップ運営しているので、信頼度が一番高いです。
しかし、準備に時間と手間がかかります。

また、上記のショップはminne、creemaなどのポータルサイトと違い、「自分の」ショップになります。
自分で宣伝しなければ、知ってもらうことができませんので、「インスタやブログで宣伝して、このショップに誘導する」という形をとります。

問い合わせフォームで受け付ける

ショップが難しいな、という方は、フォームメーラー・フォームズなどの問い合わせフォームで受け付けます。
こちらも、申し込みフォームが整っていれば、メールやDMで受け付けるよりきちんとした印象を与えます。

こちらも、自分で 宣伝しなければ、知ってもらうことができませんので、「インスタやブログで宣伝して、このショップに誘導する」という形をとります。

検索して詳しく見てみてくださいね↓


私はフォームメーラーを使っています。ひとまず登録の仕方だけ載せておきます♡

インスタで売り、DMなどで受け付ける

最後に、インスタで売り、DMで受け付けるという形。
これは一番手っ取り早いので、よく皆さんがやっている方法です。

宣伝はインスタでして、「受けたい方はDMください♡」といえばOKなので簡単ですが、一人一人に自分で返信しなければならないというデメリットもあります。

ショップやフォームメーラーは、やりとりをしなくても「自動返信」機能などを使ってやれますので最初はこの方法を使う人も、最終的には自動化するのがいいと思います。

宣伝する

最後は「宣伝」です。

どんなにいい通信講座を作っても、
知ってもらわなければ
買ってもらえなければ
意味がありません。

この宣伝の方法について説明します。

ホームページ、ブログ、インスタ等で宣伝する

おけいこサロン系の方でしたら、売り方はこの辺になると思います。

募集記事を書く

ホームページ、ブログでしたら、きっちりと募集記事を書くことが大切です。
募集記事をしっかり書くことで、その募集記事が「24時間売り続けて」くれます。

いい写真を載せる

作品系の商品ですので、「いい写真」を使うことが必須です。
せっかく素敵な素敵な作品でも、写真が残念だと売れません。
渾身の写真を撮って募集しましょう。

キャンペーンを打つ

リリース時は、キャンペーンを打つと売れやすくなります。
時間、価格、人数・・・「限定」にすると人は購買意欲が高まりますので、何か考えてみてください♡

売り続ける

一番大切なのは、「売り続ける」ことです。
みんな、最初は売りますが、そのあとは売るのをやめてしまいます。
今、あなたの作品に出会っていないだけの、未来のお客様もいらっしゃるのです。

インスタなら、定期的に募集をかけてみましょう。
ホームページ、ブログなら、「募集記事」を用意していれば、それを「最新日付」再アップするだけです!

コメント